エクセル(Excel)の「PHONETIC関数」とは

PHONETIC関数」とは、指定したセルに保持されている「ふりがな」の文字列を取得して「よみがな」として表示できる関数です。名前や住所などで漢字の読み方が難しかったり、複数あるときに利用します。

 

「PHONETIC(フォネティック)」には「音声の」「発音どおりの」といった意味があります。

そのため「よみがな」を表示する関数の名前にしたのでしょう。

 

「PHONETIC関数」の書式は

PHONETIC(参照)

となり、通常は「ふりがな」の文字列を含むセルを指定します。

 

たとえばセル「A1」の「よみがな」は「B1」に

=PHONETIC(A1)

と入力することで表示できます。

 

ここで複数のセルを範囲指定した場合は、左から右、上から下 の順番で「ふりがな」がつながって表示されます。

たとえばセル「A1」が「山田」、セル「B1」が「太郎」の場合、

=PHONETIC(A1:B1)

の結果は「ヤマダタロウ」となります。

 

「PHONETIC関数」は参照元のセルが持つ「ふりがな」の文字列を抽出しています。、

そのため「PHONETIC関数」で表示した「よみがな」を直接、修正することはできません。

 

一方、参照元のセルで「ふりがな」は編集できます。

 

「ふりがな」を修正すると「よみがな」にも反映されます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (387 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...