らくらく検索らくらくタイプ練習なにしろ電卓ポップアップ)|アドレスらくらく入力ブックマークレット

「なにしろパソコン・ドットコム」がお届けする5つのウェブツール

ぜひ、お試しください!

「ウェブツール(アプリ)」とは、インターネット・エクスプロラー(IE)を代表とするブラウザー上で開き、アプリケーションのように利用できるサービスです。

「なにしろパソコン・ドットコム」でもオリジナルのサービスを作成&公開してきました。中でも 2000年10月のサイト開始当初から継続提供している「らくらくタイプ練習」や「アドレスらくらく入力」は多くの方にご愛用いただいています。

そこにマルチ検索機能「らくらく検索」と結果を保存できる「なにしろ電卓」、便利な「ブックマークレット」を加えた『5つのウェブツール』を改めてご紹介します。

らくらく検索(マルチ検索) http://www.724685.com/  >> 使い方ページ

らくらく検索
  • 「なにしろパソコン.com」トップページのメイン機能です。
    >>  使いかた動画(別ウィンドウで表示)
  • 使い方は簡単。入力ボックスに検索キーワードを入力し、定番サイトのボタンをクリックすればマルチ検索ができるツールです。
  • 検索できるのは「Yahoo!Japan」「Google」「goo」といった検索サイトはもちろん、「アマゾン」「楽天」といったショッピングサイトや「YouTube」「Googleマップ」など、幅広いサイトを用意しています。
  • 入力ボックスが空の状態でボタンをクリックすると、各サイトにジャンプします。また「別窓」にチェックを入れると別タブで開きます。

らくらくタイプ練習 http://www.724685.com/type/  >> 使い方ページ

らくらくタイプ練習
  • パソコンの初心者が最初につまずくのがキーボードでの文字入力。そこでキーの場所や指づかいを覚えながら、あせらず、じっくりキーボードを練習できるツールを作りました。
    >>  使いかた動画(別ウィンドウで表示)
  • インストール不要、ウェブページを開けばすぐ使えます。キーボードのキーを押すと画面上のキーも赤く光る仕組みです。
  • 「練習コース」を使わなくても、「キー表示切替」機能でキーを非表示にすれば、中級者以上の方でも十分に活用いただけます

なにしろ電卓 ポップアップ表示されます!  >> 使い方ページ

なにしろ電卓
  • ウインドウズ付属の「電卓」はサイズも表示数字も小さいので、ゆったりサイズの電卓をウェブ上で使えるツールを作りました。
  • 計算式を入力するので計算途中で入力数字が分からなくなる心配がまく、入力ミスも修正ができるので二度手間がありません。
    >> 使いかた動画(別ウィンドウで表示)
  • 計算履歴が残り、次回までクッキーで保存されます。計算式は再利用もでき、メールに保存して送信や再利用もできます。
  • 一般の電卓が持つ計算機能はもちろん、メモリー機能や定数計算、パーセント計算、税計算、端数処理などが使えます。

アドレスらくらく入力 http://www.724685.com/raku/  >> 使い方ページ

アドレスらくらく入力
  • ブラウザーのアドレス入力ボックスは文字サイズが小さいし、キーボード入力が苦手に方にはマウスだけでもアドレスを大きなサイズで入力できるツールがあれば便利と思って2000年に作りました。
    >>  使いかた動画(別ウィンドウで表示)
  • キーワード検索が主流となる中、アドレスを直接入力する機会が減りましたが、まだまだ多くの方にご利用いただいているツールです。
  • アルファベット配列(abc順)が基本ですが、利用者からの要望もあり、キーボード配列バージョンバージョンも用意しています。
  • キーボードが使えない環境でもアドレスが入力できる、文字が大きいのは助かる、というコメントもあり、引き続き公開中です。

ブックマークレット紹介 http://www.724685.com/bookmarklet/

ブックマークレット
  • ブックマークレットを 「お気に入りバー/ブックマークバー」に常時表示すれば、ワンクリックで便利な操作ができるボタンになります。
  • ハッシュタグ挿入  ツイッターでハッシュタグをワンクリック挿入
  • Twilog切替
    ツイッターのプロフィール画面からワンクリックでツイログが開く
  • bitly解析  bitly短縮URLの末尾に「+」を付ける
  • 入力クリア(Clear)  ウェブページの入力ボックスをクリア
  • 翻訳  「bing翻訳」や「Google翻訳」で英文ページを日本語に

いずれも無料で、利用登録なども不要です。いつでも、ご自由にお使いください。 なにしろパソコン」の最新情報はメルマガ「週刊なにしろパソコン」でお届け中!