「光回線サービス」を「FTTH」とは強引すぎる

光ファイバーによる高速な通信回線を使ったインターネット接続サービスを「光回線サービス」あるいは「FTTH(Fiber To The Home)」と呼ばれています。

テレビで連呼されたことや利用者が1000万人を超えたことで「ADSL」という言葉はかなり普及しました。

◆ 「ADSL」とは非対称デジタル加入者回線の略

正確な意味はともかく、「エーディーエスエル」という読み方と共に、インターネットを高速で楽しめる回線サービスということは市民権を得たといっていいでしょう。

 

一方で「ADSL」の次、あるいは本命と考えられている「光ファイバー」による通信回線を使ったインターネット接続のカラクリですが、これを4文字で「FTTH(エフ・ティー・ティー・エッチ)」と称する場合があります。

これは「Fiber To The Home」の頭文字をつないだ略語です。

 

「光ファイバー(optical fiber)」を使った回線を各家庭まで(to the home)敷設し、高速インターネットで日本の家庭を結ぶという構想からきている言葉です。

単純に『光回線接続』でいいのでは?とも思うのですが、総務省の資料などでは意識的に「FTTH」が使われています。

 

「ADSL」には電話局から離れれば離れるほど、インターネットの接続速度が遅くなるという問題もあり、「FTTH」を提供する企業が増え、コストダウンが進めばネット接続の主流になる可能性もあります。

「FTTH」という言葉が普及するかは微妙ですが、強引なネーミングが面白いので紹介しました。

 

追記(2012/12/12)

2000年代後半になると光回線接続が普及し、ADSL契約は頭打ちになりました。さらに2010年代になり、徐々に「WiMax」や「LTE」といった無線回線によるインターネット接続が普及し始め、今度は光回線接続が頭打ちになってきました。

◆ 「WiMAX(ワイマックス)」で高速モバイルインターネット

◆ 「LTE」は「4G」?携帯電話回線の次世代通信規格とは

低速から高速、有線から無線へとインターネット接続回線は進化を続けています。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (369 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...