別窓 - 使い方履歴/GTメモリー定数計算%計算税計算端数処理キー操作更新リンク集電卓

メモリー機能 - なにしろ電卓

%
なにしろパソコン 電卓の使い方  Evernote でクリップ メールで送信 ブックマークレット

メモリーボックスと各種メモリーボタン(メモリーキー)

  • メモリー機能とは、計算の途中で記録したい値(メモリー値)を 保存し、計算値として再利用できる機能です。
  • 使いかた動画(別ウィンドウで表示)
  • 「メモリー(表示)ボックス」を「計算ボックス」とは別に用意し、現在のメモリー値を表示して「見える化」しています。
  • 『M+』ボタン/『M-』ボタン
    メモリー値に「計算ボックス」値を加算/減算
  • 『MC』ボタンでメモリー値をクリア
  • 『MR』ボタンでメモリー値を「計算ボックス」に挿入
  • メモリーボックスに保存されている値は「m」に保存されるため、
    m+5、m*1.05 のように計算式に代入して再利用できます。

キー操作によるメモリー機能の使い方

  • 「計算ボックス」の計算式や数値の末尾に「+」を付けて計算
    すると、計算式の結果や数値がメモリー値に追加されます。
  • 「計算ボックス」の計算式や数値の末尾に「-」を付けて計算
    すると、計算式の結果や数値がメモリー値から減算されます。
  • たとえば 3*5+ と入力して、すぐに「=」ボタンを押せば、
    3*5 の計算と同時に、メモリー値に 15 が追加
    されます。
  • 「c」キーでも「MC」ボタンと同様にメモリーをクリアできます。
なにしろ電卓 Ver4.3 2012.07.16 (公開 2006.04.12) 制作: なにしろパソコン